BLOG

おはようございます。

10月22日、月曜日。

朝晩は秋らしい肌寒さとなって参りましたが、日中の最高気温を確認し明るい兆しを感じながらの出勤というところでしょうか。


季節が変わることで景色・食材・衣服も変化し、また私たちの体にも変化が現れてきます。

冷えから来る不調には、くれぐれもお気を付けくださいませ。


さて、先日は東京から安曇野にUターンをされた方がお見えになりました。

当スタジオは県外のお客様も多く、また東京のお客様が非常に多いという特徴があり「松本ではこんなことが流行っているんですね」というお話を聞く機会が多々あります。


都会の息吹を感じることで、如何に地方ビジネスが関東圏の追っかけをしているだけに過ぎないのか、という ちっぽけさ を感じるときがあります。

例えていうならイタリア・フランス産と聞くと どこか本格的で本物志向と感じてしまうようなもので、サービスを含めたモノづくりが地域によってレベル差と格差が生じるのであれば、それは生産に適した土壌・土地柄という理由を差し引いて考えると、残るは経済力という話になります。


お金を生み出す街には同時に発信力があり、その発信力とは、ただ単に発信量や生産量の問題が大きい気がしています。

つまるところ、人口が多いという理由だけで最先端を語らせている部分について、世界から見た「メイド・イン・ジャパン」日本で見た「地方ビジネス」の存在は実は健全で素晴らしいものがあるということに気づきます。


東京は最先端。

なぜなら人口が多く人口の分だけお金があり、お金が動く街にビジネスチャンスを求め、やはり人が集まるからです。

発信量が多く、それに憧れる地方という縮図は必然です。


一方、首都圏から地方に人やお金が流れることも もちろんあります。

ふるさと納税や旅行が大きいでしょう。

これは「その土地にしかない魅力」とも言えます。


私たちは、流れてくる情報をいち早くキャッチすることと同時に、「そこにしかない魅力」の部分に注力することも忘れてはいけない気がしています。


スケールを大きくすれば東京と地方という経済のお話ですが、身近なテーマとしては「他人と自分」「自分らしさ」というお話に繋がるのではないでしょうか。


自分らしさ、少し考えてみましょうか。

アパレル関係以外は基本的にメーカー、卸、小売りという流通チャネルが一般的ではありますが「問屋の中抜き」という形態が取られることも多々あります。

弊社は7年ほど前に製薬会社で「運動とサプリメントを一緒に行うことで、よりよい効果を」という提案から、サプリメントの目的に見合ったエクササイズのプレゼンを幾つか発表し、その時の繋がりから製薬会社と直接取引させて頂くことができています。


シンガポールなどの海外ではOEMとして「裕福な方だけに販売する」というコンセプトで高値が付けられていますが、日本では高濃度のレスベラトロールを配合したサプリメントでは群を抜く含有量とコスパで多くのお客様に長年ご愛用頂いております。

また潤源というサプリメントは中国と北朝鮮の間にある湖の雪蛙の卵巣の油が女性ホルモンに相性が良く、爪・髪・肌・冷え・安眠・イライラ・性交時の潤いをもとめる方の支えとなります。


数年前、水面下では漢方薬の処方を私たち小売店ができるようになるという話が薬学部教授と製薬会社顧問の方から聞きました。

薬剤師ではなく漢方を取り扱えるようになる将来が来るのでは、とのお話でした。


そんな面白い話を聞きに、昔から何度か福岡へ出張に出たことがありました。


不調、ダイエット、何でもご相談ください。

高校から大学にかけて相当筋トレをしていた私は今から8㎏ほど体重が重かったのですが、今では到底、昔の体重には達しない細身体型が長年続いています。

仕事が忙しく、それに見合った食事量が摂れないため、体重を増やすことができません(笑)


そんな私も10月1日から美圧トレーニングをはじめ、これを機に久々に体作りをしてみようかと思い、まだ2週間ほどですが第二次筋トレブームを起こしてみました。

確かに筋肉は付きやすいです。

ですが、追い込むほどの時間も量も確保できない多忙ぶりで、あくまで仕事量とコンディションのことを考えて3日に1回、しかも10分程度のプッシュアップと軽い腹筋メニューに留めています。


体脂肪率は太るためにハイカロリーなものを選んで食べていても11%程度でしたが、10月に入り9.5%まで下がりました。

筋トレ&プロテインで自分のボディメイクは非常に簡単に感じています。


筋肥大を起こす目的ではなく、女性が望む美容面を受け取るには、むしろ「ゆる圧」「美圧」と呼べる圧設定のほうが成長ホルモンの分泌は多くなることが分かっています。

爪・髪・肌は間違いなくキレイになっていきます。


この2週間で分かったことは、やはり美圧トレーニングはピラティスにとって代わる存在ではないということ。

それだけピラティスとは誰にでも簡単に真似できるメソッドではありません。

そしてピラティスの利点と美圧トレーニングの利点を掛け合わせると最強であるということです。


当スタジオはMyoncoとSongsuが美圧トレーニングを担当することが可能です。


この2週間で8割のお客様に試して頂きました。

多くのお客様から美圧ベルトのご注文を頂き、またプロテインのご注文も合わせて頂いております。


皆様の美と健康をサポートできるよう、これからもスタッフ一同 努力を続けて参る所存です。


Instagram に恥ずかしながら私のカラダが載っています。

本当に大して筋トレしてないんですが・・・


「パンの温めは どうなさいますか!?」

そう私に声をかけたコンビニの店員は、小学校時代の同級生。

ネームプレートを見て ようやく というレベルではありますが、当時の面影を残していました。

給食のとき 野菜が食べられず皆にからかわれた彼は、走ってグランドを突っ切り、自宅へ帰っていきました。

今では立派な接客ができる彼。

私の知らない20年間をどのように過ごしていたのだろう。


また翌日、別のコンビニでは少年時代のサッカー教室でお世話になった監督とバッタリ。

休み返上で数十年も監督業を続けるその方は友人の父でもありますが、本業と並行して長年 子供たちの育成に力を注ぎ、尊敬すると共に、顔を見ただけで当時のことを思い出します。

家族のように可愛がってくださった監督さん。


立て続けに小学校時代を思い出す出来事があった私でした。


その節はm(__)m


人との出会いが良い思い出をつくり、それを糧に前に進む勇気と喜びを与えてくれます。

多感な時期ではないブログ読者かとは思いますが、皆様との出会いの中でソレに似た体験を持ち帰って頂けるようなお仕事がしたいと常に思っております。


Fitness Life ♪

当スタジオの2~30代のお客様に聞いたところ もっとも人気があった女優さんが中村アンさんでした。

カラダを鍛えているイメージが強い芸能人・女優さん・タレントさんですが、私は常々 疑問を感じていました。


あれだけボディメイクのために筋力トレーニングをして不調が現れないものか?


「今日はジムに行きました」というインスタをアップすることはあっても、絵にならない「整骨院に行きました」という写真はアップをしません。

ですが、カラダのケアは必ず行っています。


筋トレとは、それだけリスクを伴うことでもあるのです。

都内の優秀なトレーナーであればレッスンの最後10分でケアとなる施術を入れることはでき、またそもそも嫌なコリが生まれないトレーニングを最初から選択するというトレーナーもいるでしょう。


その最初から嫌なコリが生まれないトレーニングがピラティスだと思っています。


現在は何事もキャッチーなものに光が当たる世の中ですが、ヨガとパーソナルトレーニングの中間位に位置するピラティスこそ、指導者として片足は置いておきたいポジションです。


中村アンさんの記事を御覧ください。


あの、皆さんが憧れる中村アンさんのトレーニング法を長年続けていても、腰痛が改善しなかったと御本人がコメントしていますね。


「腰痛が改善しない運動法は理に適っていない」とも言えますが、そうではなくトレーナーは優秀でもSNSや芸能人の立場上の問題で「良いカラダ」を維持することに一生懸命になりすぎていることが原因だと私は思っています。


世の中に影響力のある人やメディアが、私たちに正しく、理想的に魅了していって欲しいですね。


当スタジオは、ヨガ・ピラティス・パーソナルトレーニングと全てを担当させて頂きます!

日曜日の午後は、ほぼ毎週のように指導者養成コースが行われています。

半年前から学んでいる方の復習の場や、将来スタッフとして働くことを決めている方の練習の場でもあります。


そして昨日は同時進行でEQデブリーフィングがありました。

ここ数年、カウンセリング業務の多くを大竹に任せております。

昨日は東京から人事部の方がお越しになりました!


EQは私が24歳頃から学び始めたもので、人や組織にアセスメントやファシリテーションを行うことのできる可視化ツールでもありますが、自分自身の心の中に備われば、自分自身のメンタルヘルス・自己実現の礎・自己理解と他者理解・戦術眼と役に立つことばかりです。


2020年に教育の改定が行われ非認知能力と言われるようになりましたが、教育関係者が言うこれらの事柄は非常にEQの要素を含んでいます。

子育てや自分らしい人生を歩むためにもEQは確実にプラスに働く概念です。


学校の先生方へのフィードバックもよく行われています。


EQを一生に一度は受けてみてください。


2年ほど前に松本山雅のGKを担当していたシュミットダニエル選手がこの夏、初めて日本代表に招集されました。

彼もEQを取り入れたアスリートの一人です。

(私が担当させて頂きました!)


若手として年長者に意見することは怖いことです。

でも自信があれば関係ありません。


集中力の欠如がミスを招きます。

しかし、集中が切れやすいのはネガティブな感情にさらされている時に多く発生するため、集中力を上げるための根性論ではなく、EQでミスは減らせます。


EQとはエモーショナルインテリジェンス(感情知能・心の知能指数)とも言われ、私たち全員に備わった心の能力です。

もともと備わっています。


しかし、その存在を理解している人は、それを意図的に発揮することができます。


自分が陥りやすいパターンを理解していますか?

(自己パターンの認識)


こうするとこうなる、という予測をもって行動を起こしていますか?

(結果を見据えた思考)


報酬や他者からの動機づけ無しにモチベーションを維持することはできますか?

(内発的モチベーション)


未来や将来に明るい見通しをもって生活できていますか?

(楽観性の発揮)


その他、多くの能力が基本設計で私たちの心には備わっていますが、どんな種類があって、何が得意で何が苦手かをデータで確認してから前に進んだ方が絶対に賢いのです。

そして全ての能力はIQとは異なり後天的に伸ばしていくことができます。


幸せの形だって人それぞれですから、それを感じられるようにならなければ 一般的に言われている快楽も自分には当てはまりません。


自分は何をする時に楽しいと感じるだろう?

(感情リテラシー)


能力はあっても、↑これが低い人はどれだけ年収が上がっても幸せにはなれません。


人生のアレコレ、ぜひ御相談ください。

本日は16時より新店舗の内装の打ち合わせがあり、壁紙、床、天井、玄関、ドア、パーテーション、トイレ、更衣室、巾木の色や材質、鏡の大きさと位置を決めて参りました。

お客様駐車場も常時2台分、他のテナントがお休みの日には3台分の用意がございます。

笹部店は基本的にはパーソナルトレーニングをする施設として考えておりますが、2~3名のセミパーソナルも可能です。


また11月に写真をアップしたいと思います♪



体重がマイナス何㎏というブログどころかフィットネスに関するブログを書かない当スタジオは、少々 宣伝不足とも思えるほど、そのような記事に興味がありません。

もちろんお客様の中で真剣にカラダを変えようと取り組んでいる方たちは確実に数ヵ月で数キロの減量や体脂肪減には至ります。


レッスンは真剣に、でもブログはライフスタイルについて書きたい自分がいつでも居ます。


私の自宅の近所には5家族合同でBBQをする仲間がいます。

その中にゴルファーの鈴木健一さんがいて、よく2人で楽しい話をします。


「そんなに勉強ばかりしてー、もっと遊びなさい!」

それが私たち父親の口癖です。


今朝は彼のfacebookで「人生に目的を作らない」という内容がありました。

目的地を決めるとそれは移動という手段になり、目的地を決めないドライブのほうが楽しいという、おそらくこれは30代以降の しかも昔は頑張っていた方へのメッセージだと思います。

とても共感します。


私も経営者として、よく記者さんや金融の方に「将来のビジョンは」と聞かれることがありますが、そういうの無いっすね。


ただ吹く風と潮の流れに身を任せて生きることとは全く異なりますが、人生に対する意気込みが皆さんとは少しズレている仲間とプライベートを過ごすことが多くあります。


意気込み。

どんな意気込みかと言えば・・・


遊びです。


トゥルットゥットゥルーン!

あなたのQOLスコアは95点でした。


というように最後の時に自分がどれだけ、しかも長い間、楽しい感情で生きていたかの合計点数を競うゲームに私の仲間はエントリーしている気がします。


男には遊び心ぜよ。


あぶない集団ではなく、立派な経営者の集まりですが、みな語れるビジョンなんてありません。


目の前の事と目の前のお客様に、ひたむきに、まっすぐに。


今日も健ちゃんは笑ってます。

 





弊社代表の藤田が副理事を務める Pilates society 協会 は今までになかった新たな切り口で皆様の街へピラティスを上陸させました。

今まではピラティスの資格を取るということは、ピラティスの指導者として生きていくということであったのに対し、当協会では上記のように様々な使い道を想像するお客様に対し、その道で活躍ができるように養成コース自体をアレンジ致します。

ピラティスの指導者になるわけではなく、理学療法士としてリハビリの質を高めることやダンサーとして自分のカラダの使い方を学ぶという使い方が可能となります。

最近ではセラピストや整体師の方が学びに来られる機会が増えました。

当然マスタートレーナー(指導者を指導する者)のキャパが重要になって参りますが、それを可能としたマスタートレーナーを全国に配置させているため、未だに全国で5施設しか普及しておりません。


どんなご要望もお任せください!

写真1枚目は神経系とコーディネーション能力について勉強をする養成コース参加者。

写真2枚目はSongsuと駅前でミーティングをした時の様子。

写真3枚目はタクシーを拾うまでの間 少し歩いていたときに見つけた画になる風景。


17:00~近所でBBQをし、21:00~駅前でミーティングという日曜日でした!


創った道を後から追いかけてくる人がいることの喜びを噛みしめながら、美味しくビールとワインを頂きました。



流行はどこからやってくるのかと考えたことはありますか?


今年のトレンドは何色という話がありますが、メディアはメディアで媒体を売りたいわけですし、メーカーやディーラーは計画的陳腐化を起こすためコロコロ流れを変えたがります。

そこがタッグを組めばメディア側からの「今年は?」「今年は!?」というインタビューが当然あり、流行を意図的に作る人と それを報じる人が力を合わせることは当然です。

雑誌は売れ、テレビは視聴率が上がり、物は売れ、買い替えを検討する人が増えるという流れは、メディアと企業の互いにとってwin‐winであるため、この風潮は経済を動かす常として止まることはありません。


車は顔が大きくなっていきます。

トヨタ・レクサス・アウディは年々、フロントフェイスが大きくなり存在感を主張する傾向にあり、またフロントグリルはクラウンも、マツダも「あみあみグリル」になってきました。


ファッションは太めのボトムが3~4回目のリバイバルを起こし、ブランドバッグよりもトートバッグの時代に。


ではメディアは誰にインタビューをしに行くのでしょうか?


それは社会的・経済的に大きな力を持っている大手企業です。

そして流行とは経済学と社会学と心理学の組み合わせによって生まれます。


スポーツメーカーではアディダス、ナイキ、プーマ、アンダーアーマーなどが こぞってスニーカーを発売しています。

しかし、スニーカーの火付け役は数十年も前に某ファッションブランドなどが発表したという説もありますから、ファッションブランドがスニーカーを流行らせ、NewBalanceが「ダサカッコいい」を有りにし、今では「何でも有り」の時代になっていったのです。

リーボック、パトリック、アドミラル、ロット、ルコック、そしてまさかのチャンピョンが流行るだなんて10年前は流石に予想をしていませんでした。

ノースフェイスも大学生の頃に購入したバッグを見た妻は「それは絶対にダサい」と言っていた当時も、今では旅行の際などに使っています。


「何でも有り」の時代に突入した背景には、まず飽和状態を長らく経験したからでしょう。

新たに出てきたモノであっても、AとBの掛合わせ程度の製品やサービスばかりで、新たなモノを創造することは難しくなってきているという理由が挙げられます。

出尽くしたんですね。

そして忘れてはいけないのが、ネットの普及です。


国策や経済発展のために仕向けていたルールに対する反論や是非、そして真実や本質が様々なソーシャルメディアによって拡散され、とうとう統制が取れなくなってきました。

アダルトコンテンツ以外は大抵You-tubeにアップできます。

こうして成り立った一種の「自由」を知ってしまった以上、もう私たちは檻を突き破って出た猛獣のように(他者と未来の環境に配慮しつつも)自分らしい人生を楽しく描くのみとなったのです。


先ほどの「流行」というテーマは資本主義経済にとっては当然の流れであり、大手企業の動きやブームに乗っかり「それを販売すれば自社も御利益がある」と考える全国の企業が販売促進のために取る手段とも言えます。


「流行る」の前には「売れる予感がする」という企業側の思惑が必ずあるということですね。


ヨガが流行っているからヨガが行える施設を作り、指導者を配置し、クラスを運営する。

ブームとはお金という欲の塊から発生し、その欲が全世界に拡散していると言っても間違えではありません。


本日のブログの中で考えるべきポイントは3つ。


①「何でも有り」となったことは社会の調和を乱しても良いという意味ではなく、個人の精神的な負担を軽減する要素として捉え、また成功者(自己実現者=やりたいことをやる人生)になるための早期教育概念として捉えるべきということ。


②「流行」とは全く異なる概念と価値判断によって、上記の①を踏まえ、個人の生き方を他者の生き方とは別であり唯一無二の存在として捉えるべきということ。


③アイテムやマテリアルで他者との差別化をはかる現代人は、マインドにこそ差別化、もしくは差異化が生じても違和感を持たないことこそが重要であるということ。


マイブームは人生に抑揚をつけてくれる大切な存在ですが、それとは別にセオリー(理論)やフィロソフィー(哲学)をバランスよく持っていたいものですね。


幸あれ、愉快であれ!

昨日は白馬へ行ってきました。

白馬でペンションを経営されている方の御家族が運営する「concrete」という多目的のハコでエアリアルヨガを開催しようというイベントを企画し、昨日がその初日でした。


参加された方は皆エアリアルが初めてで、基礎的なことを行いましたが、日ごろ逆さまになることがないため「程よい疲労感で十分な運動量でした」「大満足でした」とのコメントを頂きました。


渋滞なしの75分ドライブは気持ちよく、たまには出張指導も良いですね。

ですが、、、11月からはRuhaに担当して頂こうと思っております。


さわやかな秋、雪の無いシーズンの白馬もお出かけください♪