Sunday Morning

日曜日の朝6時からブログを書こうとする私は変わり者か、仕事の鬼か、取りつかれたビジネスジャンキーかと思われてしまいそうですが、今日は皆様に新たなライフスタイルの提案があります。


ここ数年で「ワークライフバランス」という言葉を聞くようになりましたね。

仕事とプライベートの時間をしっかりとバランスよく配分し、家事や子育てや趣味の時間もしっかりと確保してQOLを上げようという試みです。


如何にも政府が表面上で掲げそうな、そして大手のトップも偽善的に導入しそうなスローガンです。


一方、フリーランスの方たちの中ではワークアズライフという考え方があります。


これは起きている時間は全て仕事であり、その仕事は趣味のようなものであるという定義があります。


従来の考え方では「睡眠」「仕事」「生活」という3つに分かれ、仕事の時間を増やすことがお金を増やすことに繋がるとされているため、ついつい気乗りしないことを頑張ってしまい、タイムマネジメントがカギを握りました。

しかし、ワークアズライフはストレスマネジメントが基本となります。

精神的に楽しいと思えることで人生を埋め尽くすことで、時間で区切るという概念が人生から消えていきます。


もしかしたら私と皆さんでは生きている感覚が(良い悪いの問題ではなく)異なるかもしれません。


仕事について時間で考えるようになると、長時間労働も残業も休日出勤も苦痛になってきて当然です。

一方、ワークアズライフの考え方はストレスの無い仕事に労働基準法は存在しないと捉えます。


したがって弊社はブラックブラック企業と呼べるほどお仕事をさせて頂いているかもしれません(笑)


あとは体調管理とストレスマネジメントと「本当に自ら望んでやりたい仕事か?」を常に自問しながら仕事を見つめることです。


毎日がルーティンワークになると精神的に疲労し早い段階で限界点を迎えます。

筋トレも同じことを全員に当てはめていると飽きます。

仕事をお金のためと捉えるようになるとクリエイティビティは低下し、ルーティンワークになって精神的に疲れ多くの業務をこなせなくなります。


だから「好きでやっている」「アイディア」「レパートリー」「相手への思い」は仕事をする上でのキーファクターになるのです。


今日も異端で極論を申し上げてしまいました。


少しでも皆様の生活が豊かに、そして楽しい人生が送れることを願っております。

AZUMINO FITNESS STUDIO

~全国からゲストが集まるピラティススタジオ~

0コメント

  • 1000 / 1000