漸進的

昨日は Miya がエアリアルヨガのレッスンをしている間、養成コース参加者(次期スタッフ数名)と渚のスターバックスで座学のお勉強と今後のお話をしていました。

「自分のやるべきことをしっかりと」とは言いますが、周囲を見渡せば やはり色んな刺激を受けることがあり、自分達が本当にやりたいことを気持ちよく この地で実践するためにも周囲とのキャラクターの差別化や社会の動向を意識してしまうものです。

それもお客様あってのお仕事なので、人を喜ばせる方法や賛同頂ける活動を追及するのも当然ですし「弊社にしかない良さ」をもっと分かりやすく社会へ発信していくことがスタジオ選びの際の決定打となると共に、私たちにとっても「自分らしさ」を追及することへ繋がっていくのだと改めて感じます。

競争が激化するほどに「自分らしさ」を追及する組織へと変わり、それは組織を構成する個々にとっての自分らしさ(自己実現)へと繋がっていくはずです。



午後は福島県から佐藤瞳 選手が来店しトレーニングを行いました。

前回課したホームワークで脊柱の回旋の可動域が増え、スパインツイストが綺麗に行えるようになりました。

側屈に苦手な方向を抱えながらも、こちらも徐々に成果が現れそうです。


仕事で言う納期が私たちの業界でもあり、アスリートの場合は「いつまでに仕上げたい」という要望があります。

その日付によっては優先順位の低いことは切り捨てる必要があります。

その「苦手を克服せず放置する」ということへ、きっぱりと心に邪念がなく諦めがつくこともアスリートのメンタル術の一つです。

本当は気持ち悪いんです。

苦手を放置して大会に挑むことは。


しかし、それ以上に強みを持っている選手なので、その強みをもっと引き出せるように腸腰筋を鍛え、骨盤の可動性を上げる訓練を続けて参ります。


アスリートにもロードシスは多いんです。

可愛いけどね♪








AZUMINO FITNESS STUDIO

~全国からゲストが集まるピラティススタジオ~

0コメント

  • 1000 / 1000