思いやりはやがて

シックスセカンズで「ウェルビーイング」という言葉を教えて頂いた数年前から、人と組織の在り方について考える機会が増えました。


「ウェルビーイング」(well-being)とは、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念で、「幸福」と翻訳されることも多い言葉です。

1946年の世界保健機関(WHO)憲章の草案の中で「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態(well-being)にあることを言います(日本WHO協会:訳)」と用いられています。

経営の方向性や組織のあり方を考えるときに、目安となる概念の一つと言えます。


「ウェルビーイング」は幸福の概念といわれますが、日本は今、幸福なのでしょうか。

国連が2017年3月に発表した、世界155ヵ国を対象の幸福度ランキングによれば、日本の順位は51位。

1位はノルウェーで、上位5ヵ国のうち4ヵ国を北欧勢が占めています。

主要な国を見るとカナダ7位、米国14位、ドイツ16位、フランス31位となっており、日本はまだまだ上を目指さなければならない位置にあるといえます。

では、日本の企業における幸福度はどうでしょうか。

企業の持続的成長を図る観点として、社員の健康に配慮した経営手法である「健康経営」という言葉が、最近よく聞かれるようになりました。

平成26年に社員のメンタルチェックが義務化され、現在は働き方改革のテーマとして長時間労働の是正が課題となるなど、社員の健康維持への注目は年々高まっています。

「ウェルビーイング」という概念は、健康経営の考え方をさらに推し進め、社員のメンタルヘルスや仕事へのやる気、企業への愛情といったものまで含めた概念ともいえるでしょう。


幸福に定義がないものだからこそ、自分たちに合うもの、自分たちが気持ちよく働けるもの、自分たちが前向きでいられるものは、自らで探さなくてはいけません。

人材の獲得競争が激しくなる中、今後日本企業が経営方針として「ウェルビーイング」にどのように取り組んでいくのかが注目されます。


(上記:「日本の人事部」より一部参照)


人が人に親切な対応をするとき、多くの場合が「相手を思って」という意識で行動を起こしているように思われがちですが、実際にはそれ以上に「気を配った対応をした結果、相手も優しく応えてくれて良い思いをしたことがある」という経験が私たちには積み重なっており、それが快行動の一つとして訓練付けられています。

見返りを求めていると言ったら言い過ぎですが、他者への気配りは自分への幸福に繋がりやすいということを何となく私たちは気付いているのです。


通勤中、道を譲ってあげたのに挨拶がなかった時の皆さんの精神状態はいかがなものでしょうか?


「きっと急いでたんだよ」と口角を上げていける人こそが幸福度の高い人だと私は思っています。


その練習材料が多い日本の幸福度は51位!(FIFAランキングよりは上ですね・・・)

GDP・年収・税金の使われ方・行政の支援などの前に数値では測れないものを大切にしたいですね。


AZUMINO FITNESS STUDIO

~全国からゲストが集まるピラティススタジオ~

0コメント

  • 1000 / 1000