真夏のKIDSコーディネーション

 まずはこの度の平成30年7月豪雨により被害を受けられた皆さまへ、謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧をお祈りいたします。

どーもNOBUです。西日本では災害の復旧の最中の真夏日は大変こたえることと思います。実際に被害に遭われた方の感想で自分たちは大丈夫だと思っていたという、油断があったとのお話が多く見受けられました。自分も東日本大震災では父親の兄弟夫婦(岩手県)を亡くし、その土地が全く何もない更地になってしまった光景を目にしましたし、隣の白馬村の大地震での道路の陥没や大きな揺れも体験しました。一つ言えることは生き残った自分たちは、そこで学んだことをしっかり伝えていくこと。そしていつ自分の身に同じことが降りかかっても乗り越える力を蓄えることだと思います。

今回の事が教訓となり、後世の方達の大事な財産になればと思います。

 そして今日は連日の真夏日の中のKIDSコーディネーションでした。暑いのを予測して9時のスタートでしたが、既に熱気が上がってきている状態。参加する子も増えてきて藤田代表と2人態勢で迎えましたが、子供達は元気一杯走り回り、疲れ知らず!ジグザグコーン、ラダー、サーキットを取り込んだ鬼ごっこを小学生とやりましたが捕まえれませんでした。スバシッコイ!自分が一番汗だくの状態で終わりを迎えたのでありました。

その後はお手伝いもしていただいた指導者コース卒業間近のお二人と代表、自分の家族揃ってのバーベキューミーティングをしました。火起こしから食べ物を焼いたり、川で遊んだり、その場に来ていたブラジル人家族とサッカーしたり。何気ない日常が大事な1日であり、いつも使う電気、ガスを使わない経験が何かあった時の役に立ったり。他愛もなく笑いながら過ごせた1日に(いつも感謝してますが特に)感謝を感じる日でありました。家に帰ってきてもまだボーっとすることもあり、暑さもこたえますので、皆さま熱中症にもくれぐれもお気を付けください!

AZUMINO FITNESS STUDIO

~全国からゲストが集まるピラティススタジオ~

0コメント

  • 1000 / 1000