平和島

明日(27日)北と南が会合を開く。

歴史的瞬間と言うには大げさかもしれないが、この手のニュースを見るたびに思うところがある。


ある人にとっては「トップは何を考えているのか」という意見があるかもしれない。

またある人にとっては「そこで暮らす人たちは何を思うだろう」という意見もある。

到底 自分(世界中)の思いは届くはずもなく、そこではそこのやり方があって今日も明日も時計の針は進んでいく。


この手のニュースを見たときに皆は何を思う?


きっと、そこにも明るい話題があって「今日は学校でこんなことができた」という親子の会話も当然あるはずだという考えが真っ先にくる。

だからこその組織や社会の仕組みが是正されないままの現状に「思うところ」があるのかもしれない。


大きなテーマを抱えられるほどの器でもなければ立場でもない私たち。


接するすべての人の「過去」に捕らわれず、その目に映る「未来」を応援できる人でありたいと思う今日この頃。





AZUMINO FITNESS STUDIO

~全国からゲストが集まるピラティススタジオ~

0コメント

  • 1000 / 1000