指導者の采配

(写真上) Ballet (写真下) Figure


サッカー日本代表の監督が異例のタイミングで、まさかのチェンジ!を起こしたことがニュースとなりました。

中でも注目すべきは監督の一方的なトップダウンとも呼べる方式により、意見する者を排除したという話も。

ストライキまでは起こさないものの、当然腐り、願い下げの雰囲気を作り出した選手が数名は居たそうです。


このやり方が通用しなくなったのは時代の流れで、軍隊のように「Yes!」と頷く者が減り、過半数を超えた瞬間、世の中は変わります。


「多勢に無勢」や「多数決の理論」と よく言われるように、周りを見渡したとき、自分の意見が過半数の共感を得ている時、人はどこからか勇気付けられ自信を持つようになります。

時代と大衆に逆行する意見を持つロックンローラーは今では絶滅危惧種。


自分の意見に共感しない人が半数以上も居たら誰だって涙が出てきます。


自分の考えと相手の考えを調整する能力は磨いていく事ができ、特にこのスポーツに関する領域と感情の調整については須澤というオトコ(Six seconds member)が専門で研究を重ねています。

皆さんもスポーツや組織の、特に人事的な課題に直面している方は ぜひお声かけください。


私はカワイイ子たちと楽しくピラーティスをしています♪

AZUMINO FITNESS STUDIO

~全国からゲストが集まるピラティススタジオ~

0コメント

  • 1000 / 1000