不調と向き合うフィットネススタジオ

皆さんは「姿勢」という言葉を単に「目に映る(視覚的な)カラダの形」として捉えていませんか?

確かにそうなのですが、実はそれ以上に多くを語れるのが姿勢です。


体づくりに向き合う私たちのお仕事現場では、この不良姿勢が人体に与える悪影響を痛いほど感じています。

また、その悪い姿勢が悪いアライメント(骨配列)へと連鎖することで多くの整形外科的な不調は生まれますし、骨が言うことをきかない場合はダイエットも苦労します。

静的・動的なアライメント評価から垣間見えるお客様の「日常生活」が美しく機能的な動作パターンであるよう支援することも当スタジオの大きな役割の一つだと思っています。

ぜひ「姿勢」を見せてください。


「全国からゲストが集まるフィットネススタジオ」というキャッチコピーの前には「不調と向き合うフィットネススタジオ」そしてその前は「セルフマネジメント」と、10年間で何度かスタジオのスローガンを変更してきましたが、何れも自分のカラダへの気づきを大切にし、自分自身のカラダが今どのようになっているのかを理解して頂くことが第一歩であるというメッセージをこれからもお伝えしていきたいと思っています。


自分でできることが実はたくさんあるんです!


追記:

写真はお客様の頚椎のMRI画像です。

大切なお写真 拝借いたしました。

AZUMINO FITNESS STUDIO

~全国からゲストが集まるピラティススタジオ~

0コメント

  • 1000 / 1000